本文へスキップ

弘前医療福祉大学短期大学部 生活福祉学科

TEL. 0172-27-1001

〒036-8102 青森県弘前市小比内3-18-1

カリキュラム・科目紹介CURRICULUMS

カリキュラム 

[教養基礎科目]  人間を幅広く理解するための科目群

人間と社会
■人間の理解 -【科目】人間の尊厳と自立/対話と人間関係/心理学/人間と自然
■社会の理解 -【科目】社会福祉概論Ⅰ・Ⅱ/くらしと社会保障Ⅰ・Ⅱ/地域福祉論/地域社会学
■豊かな生活 -【科目】法律学/経済学/生活環境論/情報処理/音楽と生活/健康とスポーツ
             /生活と美術

■外 国 語 -【科目】英語Ⅰ・Ⅱ/フランス語

[専門科目]  介護福祉従事者としての知識・技術の科目群

介護
■介護の基本Ⅰ(生活支援とは) ■介護の基本Ⅱ(介護を必要とする人の理解)
■介護の基本Ⅲ(介護サービス)  ■介護の基本Ⅳ(倫理と安全)
■介護の基本Ⅴ(家庭生活)    ■介護の基本Ⅵ(食生活)
■コミュニケーション技術Ⅰ・Ⅱ  ■介護過程Ⅰ(アセスメント)   ■介護過程Ⅱ(ケアプラン)
■介護過程Ⅲ(事例検討)     ■介護過程Ⅳ(在宅・各施設におけるケアプラン)
■介護過程Ⅴ(ケアマネジメント) ■生活支援技術Ⅰ(環境整備・移動・身じたくの介護)
■生活支援技術Ⅱ(排泄・食事・入浴の介護)   ■生活支援技術Ⅲ(障がいに応じた介護)
■生活支援技術Ⅳ(被服・調理実習)       ■生活支援技術Ⅴ(レクリエーション)
■介護総合演習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ          ■介護実習Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

こころとからだのしくみ
■発達と老化の理解Ⅰ・Ⅱ     ■認知症の理解Ⅰ・Ⅱ       ■障がいの理解Ⅰ・Ⅱ
■こころとからだのしくみⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ

医療的ケア
■医療的ケア


科目紹介

コミュニケーション技術(1年次/前期)

対人援助の基本となる「コミュニケーション技術」を理解し、介護現場での適切なコミュニケーションの実践が可能となるように、講義・演習を通して知識・技術を学んでいきます。
また、コミュニケーション障害とその原因についても学び、それぞれの障害に応じたコミュニケーションのとり方についても理解します。

介護の現場において、利用者の方と信頼関係を築いていく
ことが重要であることを学び、その基本となるコミュニケ
ーションのとり方の基本を学びます。

また、介護現場における記録の意義と目的、記録の種類、
書き方、管理の仕方について理解し、介護現場で活かせる
ように学びます。
写真の説明を記入します


生活支援技術(1年次/前期・後期)

利用者の方の生活を支援していくために必要な、住環境の整備や援助、衣類の着脱、食事、
排泄、入浴等の基本的な知識と技術を習得します。授業は、実際の介護現場を想定しながら
実習室を中心に授業を行い、学生が介護者役や利用者役になりながら、利用者の方の気持ち
に寄り添った介護ができるように演習します。

 指導する教員も、現場経験の豊富な教員が多く、20~30名の学生に対し、5~6名の教員が指導に当たり、(1ベッドにつき3~4名の学生の配置)きめ細かな指導体制をとっています。

ICFの視点に基づいた自立支援ができるように知識と技術を学んでいます。
写真の説明を記入します


社会福祉概論Ⅰ・Ⅱ(1年次/前期・後期)

介護福祉士として職務を遂行する際に必要となる、サービス利用全体である人の生活や社会
背景を理解すること、サービス利用にかかわる主な法制度のしくみについて習得します。

特に「社会福祉概論Ⅰ」では、個人と社会・地域との関係性および人々の暮らしを支える
社会保障について、これらの基礎的知識を身につけていきます。

 
 
また「社会福祉概論Ⅱ」では、高齢化の進行に伴う介護の
社会化 および 障がい者の自立と地域生活の実現、その他
介護実践にかかわる諸制度・施策について、これらの基礎的知識を身につけていきます。
写真の説明を記入します



バナースペース

弘前医療福祉大学短期大学部

〒036-8102
青森県弘前市小比内3-18-1

TEL 0172-27-1001(代)
FAX 0172-27-1023